那須の我が家は雲の中

那須高原に定住して早9年!我が家は標高600m・・時折雲の中に隠れてしまいます。

カテゴリ: 愛犬ロイア

ロイアが天国へ旅立って今日で丁度一年!

過ぎ去るとアッと言う間の一年でしたが、

ロイアの事は、一日たりとも忘れる事は無かったですね!

ロイアの画像を見ているだけで、様々なロイアの姿が彷彿と蘇って・・

そうなると、もう涙でグスグス!!

12年もの間苦楽を共に過ごしたから、”絆”は強いんです。

あの3.11大地震の時も、ロイアと二人抱き合って怖さを分かち合い・・


現在ミーナと暮らしていても、ロイアは別格ですね。

勿論、ロイアの代わりにミーナという意識はありませんですが、

ミーナの小さい頃は、ともすると無意識のうちロイアと比べてしまう事も・・

この頃は、ミーナとロイアを分けて考えられる様になりました。

ペットロスと言うより”ロイアロス”は、これからも続きそうです。

それだけ、存在感が大きかったんでしょう・・・


庭のロイアのメモリアルには、ロイアの大好きな食べ物をと思いましたが

野鳥やサルの餌食になってしまうので、

代わりに、大好きだった”水”をあげました。

新鮮な水しか飲まなかったし、1日に2リットル近く飲んでいましたから・・

”お水飲むヒト!”と声かけすると、体を一回りさせて(これがロイアの答え方)

一心不乱に飲んでいました姿が、目に浮かびます。

大型犬だけに存在感大だったから、思い出も大きいのかも・・


ミーナには、躾する時に”ロイアお姉ちゃんはこうだったよ!”などと言いながら・・

これからも、ロイアはミーナと私たちの架け橋になってくれると思っています。


今日の一枚は、山にも春の訪れが!

昨日・今日と。雪交じりの天気で吹く風は冷た~いですが、

ミーナと散歩していたら、道のわきにフキノトウの姿が・・・

一歩一歩確実に春が近づいている事を感じますね。

 2017-3-16 huki


















ここのところ好天続きで!!

おかげで、ガーデニングいや”庭いじり”が計どって・・

ロイアのメモリープレイス周辺も綺麗にしなくてはと思って!

ロイアが天国に旅立って明日が2か月。

先日、発注していたメモリーストーンも到着して・・・

早速”定位置”に置いて、一連の作業が完了!

色々お世話になった方々へのお礼も済んで、

一応一区切りついた感じです。(まだまだ、気持ちの起伏はありますが・・)


メモリーストーンも、想像以上に良く出来ていました。

ロイアの好みそうな?明るい赤御影石で!

 2016-5-15 ROYAMEMORY

彫りこんでもらう一文も、カミさんと色々話し合いましたが、

結局”ありがとう”が全てを表している事に気づきました。

そんなで、単純明快ですが万感がこもっている”ありがとう”で!

 2016-5-15 STONE

これで、ロイアも静かに眠れるでしょう!とは大きな自己満足かな?

でも、静かな山の中で眠って欲しいな!と思います。


enotonnさん、お久しぶりです!

コメありがとうございました!

ロイアは私たちのかけがえの無い”家族”でしたから

気持ちの整理をつけるのも大変でしたぁ!

でも、いつまでも落胆していてはロイアに叱られる!と思い

なるべく気持ちを切り替える様にしています。

ところで、今年こそ!皆さんで那須にいらして下さいな!

首を長~くしてお待ちしていま~す。




2016-3-17 ROYA2

昨日午前10時15分,ロイアは天国に旅立ちました。


  
             愛しいロイアへ・・(ロイアへのレクイエム)

                          
                       ロイアはペルシャ語で”夢”

       その名のとおり、ロイアは多くの”夢”をもたらしてくれましたね!

    そして、たくさんの想い出を、私たちに紡いでくれたロイア

   ロイアは私たちにとり、かけがえのない大切な大切な家族でした!

      ロイアがもたらしてくれた数えきれない喜びそして”愛”

        
         一生懸命生きてくれたロイア

    ロイアが教えてくれた命の尊さと思いやりは決して忘れません

       ママと三人で散歩している時、

      ママが遅れると必ず途中で立ち止まってママを待っていたロイア。

       私が遅れても同じように途中で待ってくれた。

   おばあちゃんには、決して飛びつく事なく、じゃれることなくおとなしく接していて・・


       ある時、私とママが口論を始めたら

    ロイアは慌てふためいて、私とママの間を行ったり来たり

     最後に、私に向って幾度もごめんなさいのポーズをして・・・

        懸命に私たちの中をとりもって・・・

    そんないじらしいロイアを見てたら申し訳なくて!

      ロイアから貰った”優しさ”は決して忘れないよ!

     
   ロイアと私達だけに判りあえる言葉がありました

    ロイア、トントン!

    ロイア、ドデン!
  
    ロイア、シュシュしようか?

    ロイアは私たちに気持ちを伝えるため、懸命になっていたね

    理解できない私たちに、もどかしさを覚えたことでしょう!

    ロイアが言葉が話せたら、聴きたい事があります。

    ロイア私たちとの12年間幸せだった?と・・・

   
     ロイアが旅立つ数分前、大きく目を見開いて私を見つめていたけれど

     あれは、最後の言葉だったのかな?

     ワンと声も出すことも出来ず、手足も動かせぬのにまなざしはしっかりと・・

     あれは、パパさよなら!と最後のお別れを言いたかったのかな?

     
     ロイアに言えるのは、いっぱいのありがとう!だけです。

     それと、ロイア!私たちはいつも一緒だよ!と・・・

      ロイア、百万回いやそれ以上”アリガトウ”!

      天国に行っても安らかに・・・

      そしていつまでも私たちと一緒にいてください!

      もう一度言わせて!

      ロイア、本当に本当にありがとう!

      ありがとうね!!

      ロイアに、いっぱい・いっぱいの愛を込めて!!

                      ロイアのパパとママより



ロイアは今日荼毘に付し、家に帰りささやかな祭壇に祀りました。

  ”ロイアの大好きなおうちに帰ってきたよ!”と話しかけて・・ 

後日、私たちと一緒にいられる様、庭に埋め土に返そうと思っています。

   






   
 










毎日欠かさずしているルーティンが、ロイアとの散歩です。

散歩を休むのは、台風など来た時や何処かへ出かけた時だけです。

先週土曜日からは、ロイアの体調を考え私一人で始めました!

先日までは、ロイアと一緒に約1.4km程の行程を歩いていましたが、

土曜日からは、最近定番にしていた2.4km程のコースを歩いています。

私がへたっていたら、ロイアに申し訳無いですから・・・

ロイアのためにも頑張らなくては!!


どのコースを歩いても、コースの半分は上り坂です。

一人で歩いているコースも平坦なところは150m程で、後は上り坂と下り坂のみ!

ロイアの状態を気にしながら、早足で歩く様にしています。

”ロイア~、パパだよ~、ロイア!”と

寂しがり屋のロイアには、私の声をPCに入れエンドレスで再生させて・・・

一人ぽっちのストレスをなるべく取り除いてやらないと!


ですから、ロイアと歩く時間の半分程のタイムで帰ってきます。

このコースの途中、我が家から500m程のところにあるお宅では

窓に大きな時計が外に向けてかけられています。

 2016-3-15 WATCH

いつも、この時計を見て私たちのペースを考えていました!

このお宅までロイアと歩くと、約10分程ですが、私だけだと6分で・・・

こうして歩けるのも、長年ロイアと散歩をしていたからで!

私の足腰丈夫!は

言ってみれば、ロイアが呉れた大きなプレゼントかも知れません。


今日は、散歩の帰りに Iさんと会いました!
 
Iさんも大きなワンちゃん2頭と小さなワンちゃんを飼われていますが、

ロイアの事は、何時でも可愛がってくれますのでロイアも大好きで・・

そんな Iさんも、ロイアの事は大変心配して下さって!

ですからロイアの事を話す前に、お互い涙が出てしまい・・

ようやく、この2日は食べる事も出来ず水を飲むだけの状態で、

私は、ロイアの傍に寄り添い頭や体を撫ぜる事しか出来ないと

漸くの事で、お伝えしましたが、

この数日やり場の無い思いを吐露する事が出来、

幾分なりとも、気持が落ち着きました!

Iさん、ありがとうございました!!!

 2016-3-16 ROYA

今朝のロイアです!!






ロイア、おうちへ帰ろうね!

この言葉、ロイアが好きな一言です。

何処よりなにより家が一番好きなロイアです。

散歩の途中この一言を聞くと、すぐさま踵を返して家を目指して・・・

ロイアにとって”家”、何処より落ち着いてそして安心できる唯一無二の”場”

ですから、お出かけする事はロイアにとっては迷惑至極!なんでしょう。


そのロイアが、昨日クリニックから退院しました

残念ながら、”病”回復しての退院では無く病状は悪くなるばかりで・・・

医師の話では、回復させる手立てとして肝臓に針を刺して検査をすると!

但し、この検査はリスクが大変大きく針を刺して症状が急変してしまう事も・・

この検査をして快癒の見込みがあるなら、一縷の望みを託してみようかと思いましたが、

大きなリスクのみで、いくつもの病を発症しているので大変難しいと・・・


ただでさえストレスに滅法弱いロイア!

なにしろペットホテルに泊まっても、一晩が限度でそれ以上だと体調不良に!

そんなロイアが、遠くの大きな病院での検査そして手術・療養

それでも治る見込みがあれば良いのですが・・・

病院へ行くだけでも大きなストレス!体力の弱ったロイアに耐えられるか???

ロイアにとって心身共に大きな苦痛があるとしたら・・・

老犬のロイアには大きなリスクがあり過ぎるのです。


色々な状況をカミさんと話し合って、”自宅に帰る”苦渋の決断をしました。

残された時間は、一週間かそれとも一か月かは判りませんが、

せめて、最後の時まで痛み無く安らかに過ごさせてやりたいと・・・


そんな事から、張り裂ける思いをこらえて

  ”ロイア、おうちへ帰ろうね!”と・・・


共に過ごせる時間は僅かかもしれませんが、

一分、一分を大切にして、精いっぱいの愛でロイアと過ごしたいと思っています。

 2016-3-13 ROYA


 






このページのトップヘ